鳥栖立ち食いうどん

駅のかしわうどんは「小倉駅」か「鳥栖駅」か?


Pocket

駅のホームで立ち食いうどん

九州では鳥栖駅と小倉駅の立ち食いうどん、かしわうどんが有名です。電車の待ち時間にサッと食べるうどんは歴史があり、且つおいしいです。

先週、資さんうどんで「かしわうどん」の話になり、小倉駅と鳥栖駅、どちらが古く有名なのかという話になりました。

鳥栖駅

鳥栖駅は明治時代に存在した九州の私設鉄道会社、九州鉄道の最初の駅の1つであり、現存する最古の駅です。過去には鹿児島本線や長崎本線を繋ぐ結節点的役割を果たしていました。

昭和31年、九州のホームで初めて立ち食いうどんを提供したのが鳥栖駅です。結節点的役割をしていた鳥栖駅のホームで電車の待ち時間にサッと食べるうどんとして、「おいしい」と有名でした。

鳥栖立ち食いうどん

鳥栖立ち食いうどん

小倉駅

小倉駅は九州の玄関口の中心の駅で、本州と九州または、大分・宮崎方面の日豊本線への結節点です。

鹿児島本線と日豊本線の分岐駅ですから、博多駅から大分駅へ向かうソニックに乗ると、小倉駅で先頭車両が反対になります。進行方向が反対になるので、シートの向きを変えるようにアナウンスがあります。初めて乗られる方は乗客の動きにびっくりするかも知れません。

クッキングパパ(59) (モーニング KC)

小倉駅の7番8番ホームはクッキングパパの表紙にもなった駅のホームの立ち食いうどん屋があります。

 

小倉立ち食いうどん

鳥栖駅か小倉駅か

九州で初めて立ち食いうどんを提供したのは鳥栖駅ですが、かしわうどんの発祥は北九州だと思います。日田のかしわにぎりも有名ですから。でも、どちらのうどんも歴史があり、美味しいです。

九州初で最古の鳥栖駅を見た後に鳥栖駅のかしわうどんを食べ、小倉駅で逆走するソニックに乗り、小倉駅7番、8番ホームのかしわうどんを食べるのもいいかも。(小倉駅到着の直前に先頭車両が変わります)

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です