ナングロ

【異国のような店内】ナングロ 福岡店【ネパール料理】


スポンサーリンク

【ニューオープン】ネパール料理 ナングロ 福岡店へ

ネパール料理とはどんなものだろうと興味津々でお店へ。お店の前にネパールの人なのか外国の方が数人。この時間にお客さんがいるとは、人気ある店なのかなっと店内へ。店内は外国の方ばかり。インドの方っぽい、ネパール人なのか。

ネパールってどの辺りにあるのだろうと地図をチェックしてみる。

テーブルにはスプーンとフォークとお箸があるけれども、お隣のテーブルの方は、手で食べている。それもすごく綺麗に食べている。食べた後のお皿もとても綺麗。これはハードルが高いネパール料理。

スポンサーリンク

ナングロ 福岡店の料理にびっくり

店員さんは、あまり日本語が得意ではなく、話していることが何となくわかるくらい。でも店員さんはとても親切で、食事している時に「辛さは大丈夫ですか?」と気にかけてくれている様子。

注文を取った後に、店員さんが注文をもう一度確認しに来た。後で考えると、はその時に店員さんは他のメニューを薦めたかったのかも知れない。

「これと、これ?」と確認しただけで、厨房に戻った。

ナングロ

私たちはランチメニューの裏に、他のランチメニューがあるのを注文後に知った。シェアするつもりだったので、1人は違う種類のものにすればよかったねと話した。(異国の食事は食べるの大変だった)

チウラ

まずお米に驚いた。ネパールの乾燥米で「チウラ」というものらしい。お米を蒸して潰して乾燥させたものらしく、お菓子のようなパサパサ感で、ほのかにお米の甘さを感じられる。おいしいけれど、食べるのは大変。あまに噛まずに飲み込んでしまう今の日本人には大変。やわらかいご飯しか食べてないからね。

私はダルカレーが大好きである。インド料理店では必ずダルカレーを注文する。レンズ豆もひよこ豆も好きである。ネパール料理には「大豆」があった。それもめちゃ硬い。連れは「大豆」で歯が折れそうとのことでリアイア。私は大豆も好きなので完食。しかし、この大豆で相当お腹いっぱいになり、チウラが進まない。

ナングロ

ナングロ

お皿には甘めの豆の炒め物と酸っぱめの大根の和え物と辛い肉とじゃがいも、カレーにチウラがワンプレートに盛られている。もう一つのプレートには大豆、ほうれん草の和え物、ゆで卵が盛られていた。そして、食事の最後にパウーワをなめる。ananではなめると書いてあるけど、それを知らずにしっかり飲んだけど、かなり酸っぱい。これで口の中がスッキリする。

最後に酸味の強いパウーワという独特のソースをなめると消化にいいという。

このネパール料理、一度は経験するのは良いと思う。食物繊維も豊富で、しっかり噛んで食べる食事はダイエットにぴったりだと思う。乾燥したお米や豆がお腹の中で膨れるのか、腹持ちが良く、この日は夜ご飯までお腹空かず、夕飯抜きになった。

お店を出たのは平日午後3時頃だったが、店内にはお客さんが10人以上いたので、外国の方に人気の店なんだと思う。

スポンサーリンク

ナングロ 福岡店

東京でもネパール料理が流行の兆しとか?ananでも特集されていたし、2016年春には東京新大久保のネパール料理の人気店「ソルマリ」が福岡に進出している。次はダルカレーが好きなので、ダルカレーを注文したい。

Nanglo Ghar ナングロ福岡店
福岡市博多区千代1-31-19 グロリ吉塚2F
11:00-23:00

ソルマリ 福岡店

ソルマリ 福岡店の情報も記載しておきます。

ソルマリ 福岡店
福岡市南区向野2-14-1-1F
092-511-3920
11:00-23:00